M&A用語辞典

三角合併

合併を行う際に、存続会社の株式ではなく親会社の株式を消滅会社の株主に対価として交付して行う合併のこと。現実的な例として、外国企業の日本現地法人が親会社の株式を買収対価として日本企業を買収することが挙げられる。
関連キーワード :