M&A用語辞典

か行

会社分割

会社を複数の法人に分割し、組織・事業・資産を移転する手法。分割した事業を新設会社が引き継ぐ「新設分割」、既存会社が引き継ぐ「吸収分割」がある。

企業価値評価

買手が売却対象会社の価値を算定すること。大別するとインカム・アプローチ、コスト・アプローチ、マーケット・アプローチの三手法がある。

基本合意書

売手と買手との間で、買収価格、スキーム、スケジュール等、基本的な条件が合意した段階で締結する。一般的には、デューデリジェンスを実施する前に締結する。デューデリジェンスの結果いかんではキャンセル可能とする場合が多い。

吸収分割

会社を複数の法人格に分割し、分割した事業を既存会社が引き継ぐ手法。「会社分割」の形態の一つ。参考:「新設分割」

競業避止義務

売手株主・企業が売却対象会社・事業を譲渡した後、一定期間及び地域において直接・間接を問わず、競合する事業の経営を禁止することを義務付ける契約内容。

コスト・アプローチ

貸借対照表の純資産に着目し企業価値を算定する手法。客観性があるものの、収益性は反映されない。