M&A用語辞典

さ行

三角合併

合併を行う際に、存続会社の株式ではなく親会社の株式を消滅会社の株主に対価として交付して行う合併のこと。現実的な例として、外国企業の日本現地法人が親会社の株式を買収対価として日本企業を買収することが挙げられる。
関連キーワード :

シナジー

シナジーとは、買収・合併後に発揮される相乗効果のこと。例えば、重複業務の削減によるコスト削減、規模のメリットを活かした取引先に対する交渉力の強化、お互いの流通チャネル・顧客基盤・営業ノウハウを活用した売り上げ向上、両社のリソースを統合した新規商品・サービスの開発、財務基盤の強化による資金調達コストの削減等がある。

ショートリスト

M&Aの候補先を複数の条件を設定して絞り込んだリスト。現実的な接触予定先リストのこと。参考:ロングリスト
関連キーワード :

新設分割

会社を複数の法人格に分割し、分割した事業を新たに設立した会社が引き継ぐ手法。「会社分割」の形態の一つ。関連用語に、「吸収分割」がある。
関連キーワード :

CA

秘密保持契約。Confidentiality Agreement。M&Aのプロセスにおいて、具体的な情報のやりとりをする前に、M&Aの相手方又はM&A仲介会社と締結する。NDA(Non-disclosure Agreement)と同義。

事業譲渡

M&Aの手法の一つで、事業部門の売却等に用いられる。事業譲渡契約により、引き継ぐ資産と債務を確定する。よって簿外債務を引き継ぐリスクはない。雇用契約や取引契約を締結し直す必要がある為に、手続きが煩雑。

垂直統合型M&A

バリューチェーンの上流、または、下流にある企業を買収する形のM&A。例えば、鉄鋼メーカーが、鉄鉱石産出会社を買収するケースがこれにあたる。
関連キーワード :

水平統合型M&A

同業他社を買収する形のM&A。例えば、調剤薬局チェーンが、他の調剤薬局を買収するケースが、これにあたる
関連キーワード :

スキーム

M&Aが実行される際に全体の枠組みにおける当事者の関わり・段取り・手順・スケジュールを含む計画をさす言葉。

組織再編税制

合併や会社分割等の組織再編行為に関する税務体系。組織再編を行った会社では原則として時価での売買が行われたとみなすものの、一定要件を満たす場合(適格組織再編という)は簿価での譲渡が行われたとみなし課税繰延が認められる。