M&A成約事例

教育支援会社の買収

2010年3月
IT・教育支援サービス会社X社(マザーズ上場)が教育支援会社Y社(上場企業の子会社)を買収。

親会社がシナジーが見込めないY社の売却を検討。複数の企業と交渉の結果総合的に判断し、1年半かけてX社に決定。親会社の債務免除総額約60億円。現在同事業会社は プロフィットセンターとなり事業拡大の礎を担う。
この成約事例を登録したのは・・・(株)M&Aクロス