M&A成約事例

相続対策M&A

■業種:病院(医療法人)(精神科、200床)
■売上:9億円  
■経常利益:8,000万円
■従業員:130人

病院の状況:創業40年、無借金経営ながら病棟は老朽化しており、すぐにでも建て替えが必要な状況でした。17年前にご主人を亡くされた女性オーナー(70歳)の一人息子は、東京で歯科医になっており、この病院を継ぐ意志はありませんでした。院長や婦長が主張するように本格的な病棟の建て替えには約5億円必要でしたが、息子がこの病院を継がないのに70歳でこれだけの借金をすることもできず、出口のない状態になっていました。
また、診療報酬の改定と人件費の増加で、利益は減少傾向にあり、また、地方なので若手のドクターの確保ができず、現在の3人のドクターは全員70歳以上という状況でした。

□売り手(譲渡企業)の問題点
1.オーナーが高齢のため、もし亡くなった場合、多額の相続税(このケースでは、約2億円)が発生するものの、相続資産のほとんどが不動産とこの病院の出資持分であるため、相続人である1人息子は、長期間、相続税の支払いのために苦しめられる可能性がありました。
2.後継者がいないため、同族以外の第三者に病院を乗っ取られる危険がありました。
(一般の株式会社の場合、実際に出資して、持ち株数が3分の2以上あれば、会社を充分支配できますが、病院(医療法人)の場合、お金を出す人(出資者)と重要な決議の議決権を持った人(社員といいます・・・従業員のことではありません)は、明確に分けられており、何人かの社員が結託して多数を占めれば、1円もお金を出すことなく病院の運営が可能(いわゆる乗っ取り)という状況になる可能性がありました。

□M&Aのメリット
売り手は、譲渡代金6.3億円を受け取り、相続税の納税資金の確保ができました。現在は、趣味のオペラを堪能するために遠方へもよく出かけられています。
また、一人息子の歯科医も病院を相続するというプレッシャーから逃れ、本業に専念できるようになりました。
病院のドクターや従業員は、新しいスポンサーが付いたことにより、近い将来、病院の建て替えが可能となることを喜んでいます。
患者の家族もきれいな病院に入院できたら、安心すると思います。
M&Aから1年半経った現在、買い手の病院からいいドクターの派遣が行われ、いい治療が行われたため、保険点数も上がり病院の収益も改善されて、いい病院を買ったと喜ばれています。
この成約事例を登録したのは・・・(株)マイベルコンサルティング